借り入れする際に自由に選べる返済方法

キャッシングを利用すると、翌月から返済が始まります。
返済方法には、口座振替や口座振込、カードを使って提携ATMから返済する方法があるので、自分の生活にあわせた返済方法が選べます。

 

「口座を利用した返済方法」

最近は多くのキャッシング会社がネットキャッシングを取り入れています。
ネットキャッシングはインターネットを利用して借入や返済を口座を使ってキャッシングする方法です。
返済方法も口座振替にしておけば、「返済日を忘れていた」「銀行のATMの前で並ぶのはいやだ」というかたにとって最適な返済方法です。
「口座振替」は、キャッシング会社で申込方法が違ってきます。

 

たとえば、申込時に会員登録を済ませ、会員サービスから指定銀行の口座で振替手続きをする場合や、申込時にすでに口座を持っている必要があるということもあります。
ただ、口座にお金がない場合は返済ができないので、口座管理をこまめにしておく必要があります。

 

「口座振込」は設定した返済日にキャッシング会社の口座へ振り込む方法で、返済を自分の口座からキャッシング会社へ振り込む方法です。
口座振込を利用する場合、会員サービスから口座を登録すれば、手数料無料で振込ができる銀行を指定している場合があります。
たとえば、SMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行,みずほ銀行、楽天銀行に口座があれば手数料無料で返済できます。

 

「カードを使った返済方法」

キャッシングの契約を済ませれば、カードを無人契約機で受け取ったり、自宅へ郵送されてくるので、インターネットが利用できないかたでも、カードを使って借入や返済ができます。
カード返済は提携銀行ATMや提携コンビニATMからいつでも返済ができるので、仕事の行き帰りや、買い物ついでに返済できるので返済のために銀行のATMに並ぶということもありません。
多くのキャッシング会社は提携ATMがあり、そこから借入や返済をすることになりますが、ATMを利用すると利用手数料が必要になる場合があります。
1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料がかかり、返済が長びけばこの手数料も無視できません。

 

キャッシング会社を選ぶときは、利息以外に借入や返済で手数料を支払わなければいけないということは、目に見えない利息を支払っているのと同じことになるので、カードを使ってキャッシングをする場合は、手数料無料で利用できる提携ATMが多いところや借り入れランキングを参考にを選ぶのも選択肢のひとつになります。

銀行振替の注意点

キャッシングはインターネットが普及したことから、多くのキャッシング会社はネットキャッシングができるようになっています。
ネットキャッシングはインターネットから申込めば口座へすぐにお金を振り込んでもらえたり、返済口座を登録しておけば口座振替でお金が返せます。
口座振替にしておけば、返済に銀行ATMに並ぶ必要もありませんし、返済期日がくれば自動的に引き落としされるので返済日を気にすることがない、というメリットもありますが、メリットばかりでなくデメリットもあるので注意が必要です。

 

「口座振替の返済方法」

たとえばSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」の場合は、会員登録を済ませて、会員サービスにログインし「口フリ」から振込口座を指定して銀行振替を申込めば、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座があれば口座登録完了は即反映されます。
その他の銀行口座の場合は書類の郵送になるので必要事項を記入して返送すれば書類到着後2カ月程度で利用できるようになります。
口座振替で返済するときの申込方法はキャッシング会社によって手順が違うので事前に調べておく必要があります。

 

「口座振替をしたのに返済が反映されない?」

キャッシングは借りれ残高があったとしても、利用限度額まではいつでも借りられるシステムになっています。
当然支払日に返済をすると、返済したお金分だけ借りられるようになります。
たとえば、利用限度額が40万円、借入残高が30万円だったとすると、残りの10万円はいつでも借入ができます。
銀行振替で一括返済を済ませ、再度15万円まで借入しようとしても10万円までしか借りられないことがあります。

 

「口座振替はすぐに反映されない場合がある」

これはクレジットカードでもよくある話で、クレジットカードの場合は支払日に一括返済をするとリセットされますが、すぐに反映されないために利用限度額はもとに戻るのが2,3日後になるのでその間は使えないということが起こります。
キャッシングもこれと同じことで、たとえば「プロミス」の口フリの場合、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を利用すれば返済金額は即座に借入残高に反映されますが、一般銀行の場合借入残高に反映するのは3営業日あとになります。

 

銀行振り込みやカード返済の場合、直接キャッシング会社へお金が入るので借入残高に即日反映しますが、銀行振り込みの場合は利用者とキャッシング会社の間に銀行が入ります。
このことから、銀行がお金を入ったことの連絡に日数がかかり、キャッシング会社へ結果が届くのが2,3日ながければ1週間は借入残高に反映されないという現象が起こります。

 

このことは、キャッシング会社のQ&Aなどにも書かれているので、借入残高に反映するのがどれくらいかかるのかを知っておく必要があります。

返済は24時間いつでも使えるコンビニATMで

キャッシングを始めるとき、「できるだけ利息を少ないところで借りたい」と誰もが思うことです。
キャッシングを利用するときは、金利以外にも検討しておくことがあります。
それは、返済や借入れで提携銀行ATMや提携コンビニATMを利用する場合、利用手数料が発生します。
利用手数料は目に見えない金利とも言えるもので、キャッシング会社を選ぶときは金利だけでなく、提携ATMが無料で利用できるということも選択肢のひとつに入れるべきだと思います。

 

「キャッシングを手数料無料で利用するには」

最近はネットキャッシングを取り入れているキャッシング会社が増えています。
ネットキャッシングは借入や返済すべてをパソコンやスマホなどを使い、インターネット上でキャッシングをおこなう方法で、そのために提携銀行に口座を持ち、その口座でキャッシングをすると手数料無料で利用できます。
また銀行振り込みなどでも、銀行によっては他行への振込は無料で振込ができたり、指定回数以内なら手数料が無料の銀行口座もあるので、それらを利用すれば口座振替や振込が無料で利用できます。

 

「カードキャッシングを無料で使う」

インターネット環境が整っていれば、ネットキャッシングは居ながらにして借入や返済ができます。
しかし、インターネット環境が整っていなかった場合やインターネットは苦手といったかたは、カードによる借入や返済になります。
しかし、この方法も会社への行き帰りや、買い物ついでといった生活圏内に利用できる提携ATMがあれば、それほど不便を感じることはありません。
カードキャッシングは24時間いつでも借入れや返済ができるので、時間を気にすることはありません。
ただ、キャッシング会社によっては提携ATMの利用手数料が無料で利用できるところもあれば手数料を支払わなければならないところもあります。

 

利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円必要になります。
これくらいのお金は気にならないというかたもおられますが、返済回数が長期になると回数も増え、利用手数料もバカになりません。
せっかく低い金利で借りられたと思っていても、利用手数料を余分に支払うということは、目に見えない金利を支払っているのと同じことになります。

 

キャッシング会社のホームページには返済など手数料無料で利用できる銀行ATMや提携コンビニATMが書かれているので、金利以外の無駄な経費をかけないためにも、自分の生活圏内にそれらのATMが使えるかどうかを調べておきましょう。